39歳お誕生日に「29歳のクリスマス」
先週からかな?
テレビで「29歳のクリスマス」が再放送されていました
現在ヒマな主婦なわたしちょっとハマってしまいました
このドラマが放送されていた1994年自分は25歳で結婚した年
そして今日2008年12月2日39歳の誕生日を迎えてしまいました
ドラマの中で出てきた「自分の人生好き?」という問い
わたしはどうだろう ふと考えてみました
わたしの人生はある意味平凡な人生ではないけど
何もない平凡な人生よりたくさんの大切なことを学ばせていただいていると思う
悲しくて涙したり上手くいかなくてイライラすることも多いけど
自分の人生嫌いではありません
人生を無事に全うできたらもっともっと愛おしく思えるんだろうな
「しあわせの中にポツポツと不幸があるのと
不幸の中にポツポツとしあわせがあるのどっちがいい!?」
こんなセリフもあった
わたしは不幸の中にしあわせがポツポツある方がいいなぁ
不幸はイヤだけど不幸と捉えるか不幸もチャレンジと捉えるかは自分次第だから
それに、その方が小さなしあわせが大きなしあわせに感じられると思うから
支えてくれる家族や友人、大切な人たちがいてくれるから
特別なことの中にしあわせがあるのではなく
ささやかな暮らしの中に大きなしあわせが溢れている
マジェンタのメッセージのように日々のくらしのなかにたくさんの
しあわせを見つけられるような素直な自分でいたいなぁと思います。

今日はたくさんの大切な友人からお祝いのメールをいただきました
覚えていてくださり本当に嬉しかったです
この場をお借りして心からありがとうございました☆
[PR]
by heart* by heart_within2007 | 2008-12-02 18:51 | よしなしごと
<< あと2日 とうとう >>