素敵なエッセイ
d0105074_8262614.jpg


お気に入りの音楽を聴きながらパソコンを開いていた
久しぶりに覗いたオーラソーマの恩師のHP

彼女のエッセイにこころが洗われたというか救われた
何度も読み返したいので自分のブログにコピペさせていただこうと思う

多分、このエッセイにたくさんの方が癒されると思うから





<コミュニケーション&人間関係について>

コミュニケーションは誰にとってもチャレンジです。
人間関係の問題は多くはコミュニケーションのまずさから起こっているといえるくらいです。

まず表現方法は人それぞれである、ということに気づきましょう。
悟っている人でもなければ、自分の発している言葉に気づいている人は少ないでしょう。
そう、世の中の人はみんな悟っていない、発展途上人なのです。
自分がどんな言葉を選んでいるか、何を話しているかに意識的な人は少ないと思います。

人はネガティヴになりやすいものです。
人に対しても無意識にネガティヴな表現の仕方を取っていることが多いものです。
つい人を悪く言ってしまう時は、こころが疲れている時かもしれないですね。
自分の中に不安や恐れがあると人を非難しがちになるのです。

人が自分に悪意を持っていると受け取りすぎないこと。
ただその人は無意識である、気づきのない状態であるのだということです。

また周りの人の言葉をネガティヴに取りすぎてしまう人も多いので、
注意しないといけないですね。

誰かが、自分を否定する言葉を言ったとしましょう。
自分がそうだと思っているなら、それを受け入れるでしょうし、
そうは思っているけど、認めるのがいやな場合は怒って否定するでしょう。
でもそれを自分のこととして受け取らなければ、その影響を受けることはないのです。

また、うわさによって傷つくこともありますね。
人はうわさをせずにはいられないもの、ということを覚えておきましょう。
必ずしも、悪意があるとはかぎらないということも。

人の助言やアドヴァイスを聞く時に、ネガティヴにならないことが大切です。
悔しい、悲しい、辛い、頭に来るなどの感情や
馬鹿にされた、否定されたなど、プライドの問題を超え、
それを糧にし、自分の成長のために助言を取り入れること。
それができれば、大きな成長を遂げることができ、
結果的にそれをサポートしてくれた苦い助言にも感謝できるようになるのです。

私はアメリカのTVのオーディション番組を見ることが多いのですが、
歌でもダンスでも審査委員の先生の助言を、怒ったり、拗ねたりせずに、
素直に取り入れ、それを成長の糧とした人が成功していくのだと見ていて思います。
ネガティヴをポジティヴに活かしていくことが鍵です。

また、私たちはあとからあれこれ思ってしまったり、
あとから気づいて人にいろいろ言ってしまうことがありますよね。
でもそれはグチになってしまったり、よく受け取ってもらえなかったりします。
そのことで「なんであの時言ってくれないの?」
「なんで今更?」的な反応を呼んだります。

だから、「その時、その場で、その人と」をスローガンに
その時にその場でその人に思ったことを表現する練習をしましょう。
あとで、別の場で、別の人に話すから話がややこしくなるのです。

また、それぞれの人の意見は違って当たり前です。
みんな自分と同じ考え方をするわけではないし、
最初からそう思って接すると驚きもせず、腹も立たず、
むしろおもしろいとさえ、思えるようになってきます。
お互いの違いを認められるようになることも大切ですね。

パブリックスピーチに気を配りましょう。
ただ実際の社会では上下関係があり、仕事関係では特に力関係というものが存在します。
立場をわきまえた上で、発言、行動することが大切です。
自分の立場、立位置がわからない人は社会の中では周りの人を困らせてしまうことも多いので
気をつける必要があります。

会社や仕事、取引先など、気心は知れているかもしれませんが
それでもやはり公の場で話す時は、節度を持って話すことが大切です。
感情を入れずに、誠意を持ち話しましょう。
社会性を持つことも大事ですね。
「親しき仲にも礼儀あり」なので、立ち入り過ぎないこと、
自分の問題に人を巻き込まないことも必要です。

―そうは言ってもコミュニケーションは難しいです。
同じ日本語を話しても共通言語を持たないと感じたり、
銀河系からやってきたんじゃないか?と思う人がいたり…(笑)。

虫の居所が悪いとか、お腹がすいてたとか、
いやなことがあったとか、相手の人がストレスを感じていたために
感じの悪い態度になっているという場合も多々あるので、
コミュニケーションがうまくいかなかった場合でも
すべて自分のせいだと思いすぎる必要もないでしょう。

人生は不条理です。
ひとりひとりの魂の学びのためのテーマは違うので
その人の人生に起こることもまたそれぞれです。
本来そこにはいい悪いはないのですが、
私たちはつい比較してしまうので、そう見えてしまうこともありますね。

私たちはこの地球という学校に魂の学びのために入学しました。
地球学校の特徴は、幼稚園児から大学院生までが同じクラスルームで学ぶことなのです。
人種、肌や目や髪の毛の色、言語や風習、宗教など外側のものが全部違うのと同じように
私たちの内面の考え方や感じ方、物の見方や信念や概念もまた全部違うのです。

だから、「人間関係はうまくいかなくても当たり前!」と思いましょう。
そうしたら、うまくいったら楽しみ、喜び、感謝して
うなくいかなかったとしても悩みすぎなくなりますね。
英語の表現で、何か失敗をしたり、うまくいかなったときに
It's not the end of the world.
という言い方をよくします。
そう、この世の終わりじゃないんだから、
あまりシリアスに受け止めすぎずに、受け流し、
笑い飛ばせたらいいですね。
または、何かネガティヴなことがあった時に「気にしない」と声に出して
自分に言ってあげるのもいい方法です。
壊れてしまう人間関係ならば、それはそうなるべきだったものなのでしょう。
ネガティヴなことがあっても、それでも壊れないものがあるのです。
その絆を深めていくことが、私たちの人生にとって大きな意味があり、
人生に喜びと豊かさを与えてくれるのです。

生きていくということは、はずかしいことの連続です。
道に迷ったり、失敗したり…。
知ってか知らずか、人にも迷惑をかけることも多々あるでしょう。
その時は素直にあやまればいいのです。
また迷惑をかけられることもあるでしょう。
お互いさまなのですね。
だから人にもやさしくなれるのです。
その時は許すことを学びましょう。

いつも自分を高めていこうとすること、
意識的に生きていこうとするその姿勢が美しく、尊いのです。
新しい自分を生み、育てること、自分を教育すること。
-それがスピリチュアルな生き方なのです。


<浄化と純化>

今は、苦手なことに取り組むことや忍耐すること、
創意工夫をしていくことを多くの人が求められている時期です。

また、古いものを手放して新しいやり方、生き方をしていく時期です。
手放しの時です。
物質的にもエネルギー的にも、内面的にも
何が必要で不必要か、見つけること、
捨てられるものと、捨てられないものを見極めていけば、
自分にとって本当に大切なものが見えてきます。

うまくいかないことは、新しい時代の光の波動に合わない古い波動が不協和音を醸し出しているのです。
重い波動が、膿を出している。産み出し。海。癒し。
それは変えていきましょうねという宇宙からのサイン、メッセージなのです。

何事もバランスが大事です。
手放すことが大切なのと同様に、つながることも大切です。
家族と友人とみんなとつながること、見えない存在とつながることも。
時には頼ることも頼むことも助けを求めることが必要な場合もあります。
もちろん自分でやることも大切ですが、
どうにもならないときに、助けが必要なときには
意地を張ったり、プライドも捨て、助けを求める勇気を持ちましょう。

今、この時期を
ネガティヴな批判や反省、嫉妬など自分を超えて
今までできなかったことができるようになるチャンス
自分の中の種を開花させる機会としましょう。


<新しい時代のエネルギー>

この夏、私は夢からとても深いメッセージを受け取りました。
それは以下のような内容でした。
「これからの時代は母性、女神の質がとても重要です。
受容的であることが大切になってきます。
また時代の流れが早くなり、イメージしたことがどんどん具現化しやすいので、
ポジティヴであることが大事です」

すべてはエネルギーです。
暗く、重く、ネガティヴなものよりも
明るく、軽く、きらきらと輝くポジティヴなものを選び、表現していきましょう。

蓮の花は泥の中に育ち、美しい花を咲かせます。
優雅に見える白鳥も水面下では一生懸命にこいでいるのです。


<私たちは幸せになる権利があります>

私たちは何を感じたり、思ったり、考えたりしています。
そして無意識にそれを選び続けているのです。
まずはそうしていることに気づくことが必要です。
そして、私たちは選ぶことができるのです。
毎瞬毎瞬の思考や感情を。
自分の人生に責任を取るとは、自分の行動を選ぶだけではなく、
思考や感情も選ぶことでもあるのです。

ローマ時代の詩人、ウェルギリウスが残したことばに、
「鳥は飛べると思うから飛ぶのだ」
というものがあります。
私の好きな曲にI believe I can fly.というものがあります。
自分が飛べるのだと信じること。
それが自分の現実をクリエイトしていく力になるのです。

私の好きな言葉にルーツ&ウイングスというものがあります。
大地にしっかりと足をつけて
天にむかってしっかりと翼をひろげ、自由に生きていく―
そんな新しい時代の生き方を選び、自分をしあわせにしてあげることができるのです。


<本当の幸せ>

成功法則についての本やセミナーはたくさんあるけれど、
ひとりひとりちがうものだから、それを当てはめることはできません。
自分の内側に入って、何がしたいのか、
自分にとって何がしあわせなのかを見いだしていくことが大切なのです。
そのためには自分と向き合い、見つめる、静かな時間が必要です。

たとえ小さなことでもいいから、
その何かを見つけたら、実行してみること。
どんなことでもベストをつくすことが大切です。

目標や計画をたてて何かをしようとしても、叶うことと叶わないこともあります。
そのことに一生懸命取り組めば、充実感が得られます。
その一瞬一瞬の輝きを味わうこと。
そこが起こる必要があれば起こるだろうし、
あとは天が面倒を見てくれるでしょう。
なんであれ起こったことを信頼すること。
たとえそれが起こらなかったとしても、きっとそれはそうなるべきだったのでしょう。
結果にこだわりすぎると苦しくなります。
執着したものを手放すことが大切です。

目標を立ててそれに向かって進むことはすばらしいことです。
でもそれに縛られるのはナンセンス。
何歳まで絶対こうなると言い切れるものはないのです。
そんなふうに物事が進んだり、人生は動かないもの。
人生がどんなふうな道を辿るかなんて誰にもわからないもの。
自分の意識を持ちながら、人生の流れに任せて生きてゆく。
なんであろうと起こることをオープンに受け入れて生きることが大切なのだと思います。

例えば恋愛や結婚に対して、夢を持つがゆえに苦しくなる人がたくさんいますね。
若い女性の悩み事、相談事の多くは
「私には彼がいないんです…」「私、結婚できるでしょうか?」というものです。
人間は一生のうち会うべき人には必ず会えるのです。パーフェクトなタイミングで。
ただそれがいつどこで誰となのか、わからないだけなのです。
信頼しましょう。必要なものは必ず与えられるということを。
  
多くの人たちは、お金や成功、結婚など形のある目に見える現実的な幸せを求めています。
そしてそれに向かって、努力をしたり、
それが得られれば幸せだし、得られなければ不幸せと感じます。
でも実はその形のあるものが幸せを与えてくれるわけではなくて、
その何かが得られることにより、満足感や安心感、充足感や達成感などの
内的な感情や感覚を求めているのです。
だから、形のある物質的な現実的な幸せの形や目標だけにこだわらずに、
本当に自分が求めている内的希求に気づくことが大切なのです。
そうすれば本当の幸せを見いだすことができるのです。

[PR]
by heart* by heart_within2007 | 2010-01-23 08:21 | よしなしごと
<< おゆうぎかい おたんじょうびおめでとう >>